ヘナに関するご質問

ヘナ以外のご質問

ヘナ以外のご質問について別のページにてまとめています。
詳細は以下のリンクをご覧ください。

ヘナに関するお問合せ

ヘナってなあに?

A;ミソハギ科の植物です。葉にはオレンジ色の色素が含まれており、虫刺され、吹き出物、打ち身、菌の抑制などで効能もあることで知られ、5000年以上前から女性に愛用されてきたハーブです。古代エジプトでクレオパトラも愛用していました。。
ヘナに含まれた「ローソニアアルべ」という成分はデトックス効果(体にたまったストレスや余計なものを排出)をもち、「ナフトキン」は女性ホルモンのバランスを整える効果があります。

天然成分の白髪染めというイメージだけが先行しているかもしれませんが、頭皮や毛髪のケア(トリートメント効果、紫外線からの保護、育毛促進効果)、髪や頭皮を活性化しながらのカラーリングができるという優れものです。ヘナを常用することにより、頭皮の汚れを取り除き、栄養を与えていくので、市販のシャンプー剤は不要になります。すなわち地球環境にも優しいということです。

アレルギーが心配です

A;アレルギーの方は、冷えている方が多く体質改善によって、症状の出方が緩和されることもあります。ヘナをすると体温があがったり、血流がよくなるので、一時的に症状が進行したように見えることもあります。しかし、体のことをトータルで考えたら、少しずつでも血流をよくしていき、排毒していくというふうにお考えいただければ試してみる価値はあります。
事前にご相談くだされば、パッチテストをさせていただきます。パッチテストなしで施術する際も、色の出方よりも体を優先させていただき、置き時間を15分程度にさせてもらっています。さ湯を飲んでいただいたり、体調をおききしながら、ゆるやかにヘナに慣れていただくようお手伝いさせていただきます。過去の施術例でも、「軽い好転反応ですんだ」というお声もきいています。まずはチャレンジしてみてください。

ヘナメーカーIPMの優れている点やハーブの種類を教えて

A;世界的なオーガニックの認証機関「エコサート」(ヨーロッパ)の認証をとっています。
それは、人体や環境に対する厳しい基準をクリアした商品だと世界的に認められたということを意味します。
日本にある90社くらいのヘナメーカーの中で、エコサートの認証をとれているのは、IPMともう1社だけだそうです。アメリカのUSDAの認証もとれました。
IPMは、ヘナの品質、粉砕技術、衛生管理など、あらゆる面で配慮が行き届いています。波動測定をして、IPMのヘナを塗布するとエネルギーが高まることも結果に出ています。
ほとんどのヘナが船便で運ばれるのに比べ、IPMは>コストがかかるにこだわっています。
それは、ヘナの鮮度が高いほど、結果が出るからです。粒子が細かく髪によくからむので、置き時間が20分~40分ですみます。空輸できるのは、インドのメーカーさんとIPMの信頼性が高いことと大きな関係があります。
品質重視のIPMのヘナと皆さまをおつなぎできたら幸いです。

商品のラインナップは、オレンジに発色するヘナと藍色に発色するインディゴ、発色を高めるスパイスアーマラキー、天然のハーブを7種類混ぜたハーバルブレンドの4種類に美らさーやなという天然のオイルです。2019年より商品化された食用アムラパウダー、足浴やプチサウナ剤、シャンプー剤として使えるフットバスパウダーの7種類の商品があります。

ヘナでほんとに染まりますか?

A;気長におつきあいくだされば、個人差はありますが、染まるようになり、薄毛、フケなどの髪の悩みも改善します。
てカラーリング効果については、その人の髪質、体温、食習慣、薬を飲んでいるかなどの条件によって大きく差が出ます。まずは、体温があがるように体質改善を試みてみてください。ヘナでよく染まるのは総じて体調がよいときです。見方を変えれば、染まり具合よって体調がわかるということになります。人によって肌色や瞳の色が微妙に違うのと同じように、その人の髪色や髪質も血液の状態によって変化します。同じ配合で染めたとしても、人によって微妙に発色が違います。その人の色素に応じた発色なので、よく似合う髪色になります。
回数を重ねるごとに、塗り重ねられていく効果で色が深くなります。月1回ペースなら半年、早く結果を出したければ、短期間に3~4回ヘナ染めしてみてください。必ず変化を感じていただけます。

1日で結果を出したければ、2回染めのツータッチという方法があります。
当店では、髪質や髪色によって適切な方法を提案させていただきます。

写真は白髪をヘナで染めてオレンジにして、次にインディゴで染めた写真です。(ツータッチ)

デメリットとして、洗浄力が強い市販のシャンプーで洗うとヘナがはぎとられてしまい、色のもちが悪くなることがあります。それを防ぐために、お湯洗いやヘナシャンプーへの移行をおすすめしていますが、生活習慣を変えることにストレスを感じる方もいらっしゃいます。

白髪に対して色は入りますが、黒髪をトーンアップすることはできません。自然な発色はできても、限定して色を指定していただくことはできないので、おしゃれ染めをしたい方には向いていません。

それと、ヘナには特有の香りがあり、髪が乾いていればにおいませんが、濡れているときは牧草のような草の香りがします。においが苦手な方はヘナを敬遠されます。
ヘナが普及しにくい背景には、マイノリティーなケアな方法、手間とお金がかかるなどの理由もあるかと思います。
ちなみに、ヘナをしている美容室が、すべて100%オーガニックとは限りません。なぜなら安定した結果が求められる美容室にとっては、人によって結果が変わるものは取り扱いにくいし、敬遠されがちです。美容師の養成課程で、ヘナについて詳細に学べるカリキュラムはないので、深く理解している方がまだまだ少ないのが実情です。確かに自然派の人が増えてきているので、ヘナやそのほかの植物由来の毛染め剤を導入しているところが増えています。それらはジアミンという化学物質を添加して発色を安定させるものがほとんどです。天然100%の材料を使用するにはかなりの経験と手間と経費がかかるため、ヘナを否定する美容師が多いのです。

ヘナライフに切り替えるメリットは?

A;メリットは、体にやさしいことです。
「経皮毒」といって、パーマ液、カラー剤、シャンプー、リンス、化粧品、洗剤、歯磨き粉、入浴剤などは、皮膚のバリアゾーンを破壊し侵入することで知られています。
化学染料で髪を染めるとき、地肌に直接つけないようにされているのは、皮膚炎を防止するためです。消費者安全委員会から、平成27年10月23日付で「毛染めによる皮膚障害」に関する事故等原因報告書が公開されています。化学物質の影響が少しずつ明らかにされ始めている一例です。
「経皮毒」は、10日で10%しか排泄できないので、血液やリンパ液に浸透し皮下組織に残留するそうです。角質層がうすいところほど吸収しやすいことが知られています。
ヘナには5000年の歴史があります。血液や子宮によいと経験的に知られ、女性たちに愛用され続けたハーブなのです。接触皮膚炎等で一般の毛染めができない方や、薄毛や抜け毛で悩まれている方、子どもさんや妊婦さんにも安心しておすすめできます。
IPMが取り扱うハーブのパウダーは、ホームケアで活用できるものばかりです。毛染め以外でも、さまざまな活用法があります。

ハーブの活用法を教えて

頭や髪には、ヘナによる毛染めだけでなく、トリートメント剤、育毛剤、シャンプー、スタイリング剤、として活用できます。健康毛にもどしていけるので、ツヤとこしが出ると喜ばれています。

顔にも使っていただけます。フェイシャルパックを簡単に作っていただけます。ハーバルブレンド、アーマラキー、ヨーグルト・「美らさーやな」オイルと混ぜるだけ。美白効果もあり、すっきりします。

入浴剤や足浴剤、プチサウナ剤(美座浴)としての使用もできます。皮膚をやわらかくししっとりさせる効果、血流を促し体温があがることで免疫力アップが期待できます。

アーマラキー水は、コーヒー用のペーパーフィルターでアーマラキーを熱湯でこして、スプレー容器に詰めかえます。化粧水として、あるいは口内や手の殺菌、加工食品の殺菌に使用できます。男性のトニックとしても使用できます。

アーマラキー・ハーバルブレンド水は、ボディー用の化粧水や虫除けスプレーになります。これらは、冷蔵庫で1週間、常温で3日保存がききます。

ヘナとハーバルブレンド同量をお湯でお味噌くらいに練って患部に塗れば、痛みや腫れのあるところに湿布としても使用できます。
画像のプリントを初めてヘナをされる方にはお渡ししていますよ。

そのほか、ペットのシャンプー、土壌改良、などさまざまな活用法があります。詳細はヘナサポーター養成講座でお伝えしています。

夕方とか土日にお願いしたいのですが

A;オーナーが対応できる範囲での施術でよろしければお受けします。
塗るだけおまかせヘナというコースになります。土日に絵のクラスを開いていることがありますので、直接お電話ください。日程を合わせましょう。メールは見れないことがあります。ご容赦くださいませ。

ヘナ施術の手順と所要時間、料金は?

A;次のような手順でヘナをします。
1.カウンセリング・・・・体調や頭皮、髪の状態をチェックして粉の配合を決定
2.頭皮マッサージ・・・・美らさーやなというヘナと相性が抜群のオイルを使用
3.ヘナを頭皮と髪に塗布
4.発色を待つ間(置き時間)に足浴
5.洗い流し
6.ブロー
通常の施術のワンタッチは、60分~70分かかります。(1時間程度)
しっかり染めたい人のためのツータッチは120分時間から150分かかります。(2~2時間半程度)

施術料は初回はワンタッチ5000円[税別]、ツータッチ7000円[税別]
2回目からはワンタッチ8000円[税別]、ツータッチ10000円[税別]です。

塗布のみスタッフが担当するコース「塗るだけおまかせヘナ」だと使用する粉の量に応じて変動はありますが、初回と同じくらいの金額に収まることが多いようです。

詳細は事業紹介の自然派美容室 のページに掲載しています。

シェア